キャッシングをキャッシングで返す!2社目の契約はOK!

このサイトをお読み下さっている方々は、今回のタイトルに少し違和感を感じたかもしれませんね。そもそもサイトタイトルが「安心してお金借りるためのアドバイス」なのに、キャッシングをキャッシングで返すとか、2社目までOKとか、いつもとはどうも雰囲気が違う…と感じてしまうかもしれません。

実はこれも安心してキャッシングを利用するための一つの方法なんです。

というのも、キャッシングの利用で困ることと言えば、最初の審査と借入をした時に返済分が用意出来なかった時です。返済が遅れたり、そのまま滞納などとなってしまうと金融機関が管理する信用情報に傷が付いてしまうことになってしまいます。そうなっては、その後のクレジットカードの契約や住宅ローンなどの審査に不利になってしまいます。

そういう事態を避けるために、キャッシングの契約は2社行っておこう!というものなんです。仮に一つのキャッシング会社の返済が出来なくなった場合、もう一つのキャッシング会社から借り入れをしてそれを返済に充てれば返済の遅延や滞納を防ぐことが出来ます。

なんだかたくさん借りてるように思ってしまいますが、借りた分は返済に充てるだけですので総額は増えていませんよね?この方法を使えば金銭的に厳しいということがあっても慌てることなく返済することが出来るのです。これが、キャッシングをキャッシングで返すということの意味です。要は保険としてもう1枚キャッシング契約をしておきましょうということなんです。

これで更に安心してキャッシングを利用出来ると思いませんか?
返済時にお金が無かったらどうしようとご心配されていた方はこの方法を取り入れてみて下さい。

お金を借りるときに利息を支払いたくないのなら

借入れに利息はつきものですが、少額の借り入れで直ぐに返せる予定があるという場合に利息を支払うのはもったいないと考える方もいます。でもどうしてもお金が欲しいと思うのが通常です。
そんな時の消費者金融の選び方として、無利息キャッシングを提供する業者を選んでみるといいでしょう。
無利息キャッシングとは文字通り、利息の負担なしで借り入れができるキャッシングのことです。
しかし、借入れに利息はつきもので、利息は消費者金融に利益になります。
よって利息を取らないということは業者の利益が上がらず赤字になってしまいます。
そのため、利息にできる理由がないと怪しいと感じてしまう方も多いでしょう。
もちろん無利息は無条件で誰にでも与えられるサービスではなく、主には新規契約者への1回限りの特典として与えられています。
有名なところでは30日間無利息がありますが、これは契約してから30日間までに返済をする元金に対して利息なしで貸すというシステムです。
逆に30日以内に返済できなかった元金には利息がかかってくるので注意が必要です。
また、サービス内容は消費者金融によって変わるため、一定の条件をクリアして借入れをすることで、1回限りではなく毎月利用できるサービスとして提供している業者もあります。
さらに30日間無利息の他にも、1週間無利息、10日無利息など期間にも違いがあるため、それぞれの無利息キャッシングの内容を理解して、自分で納得できた業者に申し込みをするのがいいでしょう。

キャッシングは出来るだけ早めに返済すること

お金を借りることで重要となってくるのは出来るだけ借りたお金を早めに返済することです。借りた上でまた借りていくと、いつの間にか限度額がいっぱいになってしまい返済がとても大変になってしまいます。よくあることで、限度額が預金残高のように思えてきて、今月はまだ借りることが出来る…とキャッシングに対する考え方が逆転してしまうことです。このような考え方になってしまうととても危険な状態と言ってよいと思います。

キャッシングとはあくまでお金を借りているということですので、借りたお金は出来るだけ早めに返済するように心掛けましょう。キャッシングは必要な時に素早く借りることが出来ることが便利なのであって、お金を遣うためにあるものではありません。冠婚葬祭などが続き急な用立てに必要だとか、旅行に行くのにまとまったお金が必要になるとか、そういった時に利用することが望ましいと思います。最初にも言ったように、限度額いっぱいまで借りるようになってしまっては収支のバランスが崩れてしまっているということの証明でもあります。そのようなことにならないよう借りたお金は出来るだけ早めに返済するようにしましょう。

感覚としては友達からお金を借りたというイメージでキャッシングを利用すると良いかもしれません。友達からお金を借りた場合は、どうしてもお金を返済することの優先順位が高まると思います。キャッシングはこれが起こりにくいので、そのような意識の持っていき方をすると良いと思います。

健全なキャッシングライフを送るために収支のバランスは常に考えるようにしましょう。

キャッシングの際は返済プランをしっかり立てる

お金を借りる際の懸念点としては、多くの方が使い過ぎて借り入れしたお金が膨らんでしまわないかということだと思います。お金の管理に厳しい方はそもそも借り入れなどしないかもしれませんが、今の時代お金に余裕のある方でもキャッシングの一つくらいはするような時代になりました。

キャッシングに懸念点をお持ちの方は、借り入れをした後のこと…つまり返済のことを考えてみると良いと思います。

例えば10万円借りたとしましょう。

まず先に考えなければならないのは、この10万円をどう使うか…ということだと思いますが、それと同時にこの借りた10万円もどう返すか…ということも考えるようにしましょう。

毎月いくら返済すれば無理がないか、今月は少なめにしてボーナスで一気に返済してしまおう、などと簡単でも良いので返済プランを立てるようにしましょう。それが出来るか出来ないかというのは非常に大きな違いになってきます。今までお金を借りたときに使い道しか考えていなかった方は是非参考にしてみて下さい。

これはキャッシングのときだけに言えることではなく給料が入ったときにも同じ事が言えます。
給料が20万円入ったとしたら、まず先に毎月支払わなければいけない分を先に保管しておくことが大切です。
家賃、光熱費、携帯電話代…etc。

最初にこうして使い道を切り分けておくことで計画的にお金を使うことが出来るようになると思います。

このように返済プランをしっかりと立てる…つまり計画的にお金の貸し借りを行うことで安心してキャッシングが出来ますので、キャッシングに抵抗があった方は一度この考え方を取り入れて利用してみて下さい。

総量規制とは何か?

キャッシングをする前にまず覚えておいておかないことがあります。

それは総量規制についてです。

総量規制についてはなんとなく言葉だけは聞いたことがあるという方も多いかもしれません。細かくいうと長くなってしまうので簡単に説明しますが、これはかつて問題となったグレーゾーン金利が引き金となって定められた法律になります。

要点だけ説明すると年収の1/3までしか借りることの出来ないという法律になります。年収が1000万円の方であれば333万円まで、500万円であれば167万円まで、300万円であれば100万円まで借りれるということになります。

1/3までしか借りれないというとなんとなく少なく感じるかもしれませんが、実際に数字に出してみると、年収が300万円の方で100万円も借りることが出来るのですから決して少ない金額ではないと思います。

この総量規制は最初は悪法と呼ばれました。なぜなら、貸す側にとってみればたくさん貸して利益を得ることが出来なくなりましたし、借り手側からすればお金がたくさん借りれなくなった訳です。その為闇金などに走る人も出てきました。

しかし、先ほども述べたように年収の1/3も借りることが出来れば十分にやり繰りが出来ると思いますし、それ以上を超えた借入を行うとなると収支のバランスが崩れ返済が困難になることは数字から見ても明らかですよね。

当初は物議を醸しだした総量規制ですが、今となってみれば借り手側にとっては良い法律だと思います。健全な借入をする為にも、この総量規制についてはしっかりと覚えておいて下さい。

また、1/3まで借入が出来るとはいえ、限度額まで借りることのないようしっかりと収支のバランスを考え賢くキャッシングを利用するようにしたいですね。

お金を借りる際は徹底的にお金の管理をする

お金を借りるときというのは、どうしても借りることだけ頭で考えてしまい、その後の返済のことまで頭が回らないという方が多いそうです。確かに、お金を借りるということはお金が無いということですから、その時は借りることだけで返済まで考えが及ばないというのも何となく理解は出来ます。

しかし、安心してお金を借りる為には「返済」というものもしっかりと考えなくてはなりません。

お金を借りる際に「返済」のことを一度でも疎かにすると、今現在借りている金額の合計が分からなくなってしまう場合があり、それは同時に利息がどれくらい発生しているかも分からない状態となってしまいます。

あといくら借りれるのか…という限度額にしか目がいかないようになってしまったら危険信号が点灯していると思って良いです。借りれば借りるほどパーセンテージで算出される金利も当然上乗せされます。出来るだけ賢く、そして安心して利用するには、この金利をいかに少なく支払うかにかかってきますので、借りる際は必ず「返済」のことも併せて考えるようにしましょう。

返済のことを考えるというのは、収入があったら今月はいくら返済するか、そして、今月返済するとあと何か月で完済となるか…など、どちらかというと返済ベースで考えた方がより安心してお金を借りることが出来ると思います。

何度もくどいかもしれませんが、間違っても限度額があといくら残っているから大丈夫…とか、今月は返済が厳しいから借入をして返済しよう…という事態には陥らないようにしましょう。

計画的に利用が出来ない方の場合は、キャッシングサービス自体をあまりお勧め出来ません。逆にそれまでお金の管理が出来なかった方は、キャッシングの利用をきっかけに管理する癖をつけると良いと思います。

キャッシング利用者は意外と多い

キャッシングを利用しよう…でもお金を借りるのはやっぱり不安だ…。
そう思われている方はとても多いと思います。

実際、会社の同僚や友達などとそういう話にはなりませんし、キャッシングをしているという人も身近にはいないという人がほとんどではないでしょうか。

ですが、よく考えてみて下さい。

お金を借りるという行為は決して人に誇れる行為ではありません。
仮にあなたがキャッシングをしていたとしたら、その事実を友達や会社の同僚などに話したりするでしょうか。
おそらくそんな話はしないと思います。

つまり、単純にあなたが知らないというだけで、会社の同僚や友達はキャッシングを利用しているかもしれないということです。今はインターネットから申込みが出来、そのまま自分の口座へ振り込んでもらう借り方…いわゆる来店不要、WEBでの完結キャッシングが主流となっています。ですので、銀行からお金を引き出す行為とキャッシングをする行為が全く同じなのです。

一緒に飲んでいて、ちょっとお金おろしてくるよ!と友人が言ったとしても、実はそれはキャッシングしたお金かもしれないということです。

ここで何が言いたいのかと言いますと、実際キャッシングを利用している人はすごく多いということです。

なぜなら、日本は給与水準こそそのままですが、物価がどんどん上がっているからです。
それは当然、普段の生活を圧迫する訳で、お金を借りる人もおのずと増えるという訳ですね。

今現在、キャッシングを考えているという方がいるのであれば、多くの人が利用しているサービスだと思い、あまり深く考えずに必要な分だけをキャッシングしてみてはどうですかというアドバイスを贈らせて下さい。

借り方を間違えなければキャッシングは非常にメリットのあるサービスです。
気軽に利用してみては如何でしょうか。

返済できなくなったローンの整理

会社をリストラされローンの返済が難しい、複数件の借金が嵩み返済が厳しいなど、何かしらの理由から返済が厳しくなってしまった債務者は、その借金を整理することができます。

これを債務整理といいます。

債務整理は主に、債権者の合意の上で利息分を免除してもらい残った元金の返済を行う、債務を圧縮させて残った元金を原則3年で完済する、財産と引き換えにすべての債務を免除してもらうという3つの方法があります。

例えば、収入を得ており、失いたくない財産があるという場合はあくまでも返済を目的とした整理を行います。

対して無職の方、失って困る財産がない、財産を失っても債務を免除したほうがいいという方は財産と引き換えにチャラにしてもらえる整理を行います。

債務者の状況に応じるため一概ではありません。

そもそも、これは債務者の最終的な救済制度ですので、債務者に大きな不利益が生じるようなことはないものの、本来は返済しなくてはならない債務を一部とはいえ免除してもらう方法ですから、もし整理をするのならそれなりきのリスクは背負うことになるでしょう。

そのリスクとは今後の借り入れに影響するというものです。
債務整理後は、今後数年間の借り入れを規制されます。

しかし、借金地獄を物理的に回避し、自身の生活を立て直す期間として考えればそう悪いリスクでもありません。

数年間の借り入れ規制の後には再びローン契約をすることが可能となりますが、前回の失敗を活かし計画的な利用が奨められます。

キャッシングの審査は昔よりも厳しい

キャッシングの審査は、昔よりも確実に厳しくなっています。

私は古くから利用してきましたが、昔は誰にでも貸すという感じでした。

すでに債務超過になっており、借りても返済できない状態でも借りられたほどです。

当時の消費者金融のスタッフによると、元金を返済できなくても利息で回収できるので、損はしなかったと言います。

利息が高いほど、積極的に融資してくれるというわけです。

今のキャッシングの審査が厳しいのは、金利が低くなったことが一番大きいのです。

金利が低いと、業者としては利益が減ることになります。
そうなると、返済できない人がいると、大変なことになるでしょう。

返済できる人を選んで貸し出すようになるので、必然的に厳しくなってしまうのです。

特に銀行は簡単には貸してくれないという印象が強いでしょうが、これは顧客を徹底して厳選するからです。

会社員・公務員に特化したローンを多く用意しているのも銀行でしょう。

その反面、審査が厳しくなったことによるメリットもあります。
返済できない状況では借りることができなくなったことです。

借りたいのに借りられないと嘆いている人もいるでしょうが、返済できない状況であれば借りないほうが結果的にいいのです。

返済計画を立てられる状態なら借りても問題ありませんが、計画が立たなければ遅延するだけであり、利用履歴がブラックになってしまうでしょう。

ブラックになると5年間はキャッシングを利用できなくなります。
お金を借りるときは、返済できることを前提として申し込むようにしましょう。

キャッシング審査は一発で通過することが重要

キャッシングを提供している会社はたくさんあります。
お金借りるためには審査に通過する必要がありますが、仮にA社で落ちたからと言って、B社でも落ちるとは限りません。

そのため、落ちてしまっても1回で諦める必要はありませんが、ただし1社でも落ちてしまうと次の金融会社の審査には多少不利な点が出てきてしまうのも事実です。

というのも、申込みの情報は全て個人信用情報機関という場所で登録・管理されています。

ここで管理されている債務者の情報は銀行、消費者金融、クレジット会社など他の金融機関へ情報提供されているので、例えばA社で融資を受けられなかったという情報がB社にも伝わってしまうというネックがあります。

A社が融資をしなかったということは、その申込者に何かしらの問題があったということですので、B社も融資を躊躇してしまうことになるでしょう。

また、B社が融資をしないとなれば今度はC社に申し込みを行いますが、A社とB社が融資をしなかったという事実がC社に伝わるため、結局は悪い情報だけが積み重なっていってしまうことになるのです。

さらに1か月のうちに3社以上への申し込みは禁止されており、3社で融資を断られると、その後6か月間は申し込みすらできない状態になってしまいます。

こういったリスクを踏まえると、初めに申し込む金融会社で通過しておくことが求められるでしょう。

ただ、審査の基準は各社で変わるので仮にA社で落ちてしまったら、次に申し込むB社はA社よりも基準が緩い会社を選択すると通過できる可能性が高まります。

借入残高を預金残高と勘違いしないこと

キャッシングを利用している方の多くが陥ってしまうものとして、残高を勘違いしてしまうというものがあります。ここでいう残高というのは、銀行口座などの預金残高のことではありません。あろいくらキャッシングが出来るかの借入残高のことです。

この借入残高を預金残高と勘違いしてしまうと大変なことになってしまいます。

まさか…そんなことを勘違いする人なんているのか?
と思うかもしれませんね。

実際には勘違いはしていません。

正確に言えば、あといくらまでなら借りれるかという考え方になってしまうと言った方が良いと思います。

キャッシングは必要最低限を利用すればとても良いサービスなのですが、限度額まであといくら借りることが出来るという考え方になってしまうと、いつしか借入残高が、自分の銀行口座の預金残高のように思えてきます。

限度額まで借りてしまうと利息分もかなり大きくなってしまいます。
毎月少しずつ返済しているようでは元金もなかなか減らなくなってしまいます。

こんなことにならない為にも、借入限度額まで借りないよう注意すること重要です。

自分は大丈夫…と言っている方に限ってこのような状況になっていたりします。

キャッシングの金利というのは、カードローンの多くは100万円までなら大体が18%の金利となっています。決して安くはありません。少額ならまだ大きくはなりませんが、この金額が大きくなればなるほど金利も大きくのしかかってきますので注意して下さい。

安心してキャッシングを利用する為には、金利や借入残高なども意識しながら利用するようにしましょう。

当たり前のことですが、キャッシングは借りているお金なんだという意識を常に持っておきましょう。

必要な分だけを借りるようにしましょう

キャッシングで借金返済が困難になってしまう方の多くに、一気に多額をキャッシングしてしまうということがあります。例えば、1万円だけキャッシングすれば十分だったところを、ちょっと気が緩み3万円借りたとします。

キャッシング直後は、借りたお金という認識はあるのですが、しばらくするとその認識がだんだん薄れてきます。いつの間にか、借りたお金ではなく自分のお金と思うようになり、ついつい無駄遣いをしてしまいます。

その繰り返しで借金はどんどん膨らみ、いつしかキャッシングの返済がとても困難になってしまうのです。

ですから、キャッシングはあくまで必要最低限だけするようにし、どうしてもお金が必要になったら利用するようにしましょう。どうせ後からまた必要になるから今借りておこう…という考え方ではなく、あくまで必要な分だけを借りるようにしましょう。

このことさえ気を付けていれば、ついつい無駄なキャッシングがなくなり、当然無駄遣いも無くなります。それは結果として、キャッシングしたお金の利息分も少なくなるということですから、収支のバランスさえきちんと保ってさえいれば返済に困るようなことにはならないと思います。

自分はついついお金を遣ってしまうから…と思われキャッシングを躊躇っている方は、必要最低限だけ借りるということを意識してみて下さい。それだけしっかり意識していれば借金の返済に苦しくということは起こりにくいと思います。

なぜ今お金が必要なのかをよく考え、計画的に利用することでキャッシングは何倍にも便利なサービスになります。極力無駄遣いは避け、どうしても必要な時にだけ利用するようにしましょう。

安心してキャッシングを利用する為のコツの一つです。

キャッシング有効活用するために

今ってすごくお金のかかる時代ですよね。

携帯電話代を支払うのは当たり前の時代ですし、ガソリンもものすごく高い。
じわじわと物価も上がっていますし、何より気付けば消費税が8%になっています。

こんな経済状況の中、世の中の人がこれまでと変わらずに生活を送れていると思いますか?

日本人は表向きはとてもスマートですから、お金が無いなんて言う人は少ないと思いますし、色々と生活コストを切り詰めては日常をなんとかやりくりして生活しているのだと思います。

景気が良くなったなんて言われていますが、実際に経済的に状況が良くなった人なんてまだまだほんの一握りだと思います。

そんな中、最近とても増えているのがキャッシングを利用している人です。

キャッシングを利用するということは、金銭的に困窮している訳ですから、当然不安になってくるのは自分でも審査が通るのか…ということだと思います。

このブログでは、そんなキャッシング知識のいろはをはじめ、どうやって審査に通すのか、または審査に落ちる場合はどんな時なのか…などなど、キャッシング契約における必要な情報を更新していこうと思っています。

前にキャッシングに申し込んだことがあるけど、その時は審査に落ちた…という人もまずは当ブログを読んでみて下さい。キャッシングにて融資を成功させる為のヒントがあるかもしれません。

但し、そんな方こそキャッシングをする前に一つお約束して頂きたいことがあります。

それは、キャッシングをしたお金はあくまで計画的に利用するということです。

よく言われることですので、そんなこと言われなくても分かってると思ってしまうかもしれませんね。しかし、キャッシングをされる方の多くはこれが出来ていないのです。

計画的に利用するとはどういうことなのか。
そういう情報などもここではお伝えしていこうと思っています。

キャッシングを成功させたい方、審査が恐いと思われる方、今すぐお金を融資してもらいたいとお考えの方は、是非当ブログをご覧下さい。